055-234-5455

『寝ながら運動「JOYトレ」で痛みを予防・改善』

たった一度のJOYトレでも効果を実感できるのはなぜか?

寝ながら運動「JOYトレ」を導入して一年が経ちました。

導入以前は、インナーマッスルが弱かったりうまく機能していないことで、施術をしていてもなかなか症状が改善されなかったり、あるいは施術後は痛みも軽減するものの、またすぐに戻ってしまう場合、施術時に促通運動を行ったり自宅でも簡単にできる運動等もお教えしたりしていましたが、なかなか難しいケースも多々あり、また成果が出るまでに時間がかかるなど、思うように結果が出づらいことも正直なところありました。

しかし、JOYトレの導入で「施術で筋肉・関節を整える」+「JOYトレでインナーマッスルを鍛える」ことが可能になり、身体を「いい状態」にキープしやすくすることで、以前よりも「肩や腰の痛みが気にならなくなった」とか、「疲れにくくなった」とか、「歩いていても足取りが安定して怖さや不安感がなくなった」などのお声をみなさまから聞かせていただけるようになり、率直にJOYトレを導入してよかったと思います。

インナーマッスルが身体を支え、あるいは身体を動かす際の軸となって働くことで関節やアウターマッスルへの負担を軽減してくれます。

しかし加齢によって徐々にインナーマッスルが弱体化してしまうと、あるいは運動不足や何らかの原因で身体のバランスが崩れてしまうとインナーマッスルが機能せず外身の筋肉(アウターマッスル)が身体を支えたり活動するときにも頑張りすぎてしまう為、様々な痛みや不調につながりやすくなります。

なのでやっぱり日頃からインナーマッスルが常にちゃんと使える状態に身体を維持することって大事だと思います。

でも簡単なインナーマッスルの検査をしてみると、インナーマッスルが弱体化していたり、インナーマッスルがうまく使えていない人が非常に多いです。

そんな人にJOYトレをお試しでやっていただくと、たった1回のJOYトレでもけっこうみなさん「身体が軽い!」とか「腰の痛みが楽になった!」、「すごい歩きやすくなった!」などの効果を実感していただける人が多いんです。

これ、一言でいうと「JOYトレの刺激で眠っていたインナーマッスルを叩き起こしたから」です。

加齢や運動不足、あるいは日頃の身体の使い方の癖などによってインナーマッスルが眠ってしまうと、常に外身の筋肉ばかりを使っている状態となります。

本来、インナーマッスルが担うべき姿勢保持という役割を、肩や背中、腰の表層にある筋肉たちが行おうとすると、最初のうちはがんばってくれますがそのうちにがんばりきれずに徐々に筋疲労していき、最終的には痛みや不調の症状となって現れてくるのです。

なのでJOYトレの刺激でインナーマッスルを叩き起こすことで、インナーマッスルが目覚めてくれるとたった1度のJOYトレでも効果を実感していただけると思います。

しかし、これはあくまでも眠っていたインナーマッスルが一時的に起きた状態でしかなく、これで何もしなければインナーマッスルはまた眠ってしまい、痛みや不調がまた現れてしまいます。

したがって痛みや不調を改善・予防するためには、目覚めたインナーマッスルを今度は継続したトレーニングで太く、大きくしていく必要があるのです。

JOYトレ導入以前、施術で定期的にいらっしゃっていた患者さんたちもJOYトレを継続することで慢性的な痛みや不調がだいぶやわらぎ、患者さんによっては今ではJOYトレだけ継続して施術はあまり受けなくても大丈夫になった人たちもけっこういます。

JOYトレを1年やってみて、身体の健康維持に筋肉(インナーマッスル)がいかに大切なのかということを、あらためて実感します。

慢性的な肩こり、腰痛、膝の痛み、姿勢の悪さなどでお困りの方は一度JOYトレで眠ってしまっているインナーマッスルを叩き起こしてみませんか?

寝ながら運動「JOYトレ

山梨県甲府市の整骨・整体 くぼた整骨院