055-234-5455

『散歩と筋トレで心と身体を整える』

心身のリフレッシュに効果的な散歩

4月7日に緊急事態宣言が出され、これを受けて該当する都府県の会社や店舗に対して営業休止や時間短縮営業するよう要請がなされましたね。

どうやら整骨院は休業要請の範囲外らしいです。

今後の状況次第ではまたいろいろと変わってくるかもですが。

状況が上向いてくるまであとどれくらいかかるのか見当がつきません。

あらためて、いろいろな面で覚悟しながら、また衛生面を徹底して今後もくぼた整骨院は営業をこつこつと続けていきます。

みなさんも外出自粛で何かとストレスもたまっているかもしれません。

こんな時こそ、身体を適度に動かすことがストレス解消につながります。

以前に『散歩のススメ』でも書いたように、歩くことで全身の血行も良くなりますし、また難しいことを考えずに「桜がきれいだなー」とか「山の雪がとけてきているなー」とか「風が気持ちいいなー」とか、見たままに感じたままに歩く=右脳を働かせながら歩くと、全身のリラックス効果が高まります。

外出自粛といっても、1人や家族とあまり人に会わずに散歩するのであれば密集、密閉、密接のいわゆる3密にはならないと思いますし、家に閉じこもってばかりいては精神衛生上にもよくありません。

運動不足によっても免疫力が下がってしまい、かえって体調を崩しかねないです。

なので、天気が良くて暖かくて気持ちいい陽気の日なんかは気分転換もかねて、散歩に出かけることをおすすめします。

筋トレで身体を鍛える

次におすすめなのが筋トレです。

筋トレと聞くと大変そうと敬遠されがちかもしれませんが、自宅で無理なく簡単にできるものでOKです。

おすすめなのが「プランク」です。

プランクはごく一般的な体幹トレーニング法の一つなのですが、プランク=「板」という意味があり、下の写真のように身体を一枚の板のように一直線にして上体を支えるトレーニングです。

プランクは全身の筋肉(アウターマッスルもインナーマッスルも)を使って身体を支えるため、効率的に全身を鍛えることができます。

実際に行う際は、腰や背中の筋肉をがんばらせすぎると腰痛や背中の痛みが出る場合があるため、お腹にグッと力を入れながら上体をキープするのがポイントです。

基礎体力にもよりますが、最初のうちは30秒×3回程度行うのが良いと思います。

身体を動かす、日光を浴びると幸せホルモン=セロトニンが増える

みなさん「幸せホルモン」って聞いたことありますか?

セロトニンというホルモンが増えると幸福感が増すということがわかっているんです。

脳内の神経伝達物質の一つであるセロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、精神の安定や睡眠と密接に関係しています。

セロトニンの効果

  1. やる気や集中力がup
  2. 明るくなる
  3. 心が整い幸福感が増す
  4. 良質な睡眠が得られる
  5. 姿勢が良くなる etc…

散歩と筋トレがセロトニンの産生を促す

そうなんです。

幸せホルモンであるセロトニンを増やすためには散歩と筋トレが非常に効果的なんです。

散歩で適度に身体を動かすことでセロトニンの分泌が促され、また日光を浴びることでセロトニンが産生されます。

なので散歩がいいんです。

そして筋トレ。

筋トレで筋肉を鍛えることで、セロトニンが増えることがわかっています。

筋トレを継続して筋肉がしっかりしてくると徐々に性格も変わってきたという話をよく聞きます。

もともと性格的にマイナス思考だったりネガティブだった人が筋トレによって前向きになったり明るくなったりするんです。

先日、くぼた整骨院で今月から開始したJOYトレを3回行った人が、「なんかわからないけど性格変わりそう」っておっしゃっていたんですよね。

それ聞いて「おー!」て思いました。

まさに筋トレ→セロトニンupによるものかもと、その患者さんにお話ししました。

 

まだまだ先行きの見えない状況で、連日にわたって感染者最多記録更新というニュースを見聞きし、この状況がさらに悪化していくことも予想される中、精神的に穏やかでいられることのほうが難しいかもしれません。

しかし今後ますます悪化しうる状況に正しく対処するために、常に多角的な視点で物事をとらえ、周囲にあふれかえっている情報を選別し、真実を見極めたうえで正しく思考し、判断していくことが大切になってくると思います。

そのためにも常日頃から身体を動かし、日光を浴びて心身ともに健康でありたいと思います。

こんな時だからこそ、みなさんも気分転換に、ストレス解消に、散歩や筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

山梨県甲府市の整骨・整体 くぼた整骨院