055-234-5455

『便秘解消に「水素吸引」と「JOYトレ」をお勧めする理由』

便秘の人が多いです

最近、施術をしながら患者さんのお話を伺っているなかで、便秘の人がとても多いことに驚きます。

とくに女性のほうが多い印象ですが、男性でも便秘もしくは便秘気味の人が少なくありません。

ひどい人だと一週間くらい出てないとか、三日ぶりに出たけどうさぎのう〇ちくらいしか出てないとか、薬飲まないと出ないとか、薬飲んでも出ないなど….. もはや現代病?と思うほど便秘で悩んでいる人が非常に多いです。

一概に「便秘」といってもいくつか種類があり、原因もさまざまです。

便秘の種類 漢方坂本 症状別解説集「便秘」より)

便秘は大きく器質性便秘と、機能性便秘とに分類されます。器質性便秘とは大腸癌など何らかの病気によって腸が狭くなったり閉塞したりする状態です。一方、機能性便秘とは大腸の働きが乱れることで生じる便秘をさし、タイプによってさらに「直腸性便秘」・「痙攣性便秘」・「弛緩性便秘」に分類されます。一般的に便秘というと、多くは機能性便秘のことを指しています。機能性便秘のタイプを簡単に解説すると以下のようになります。

「直腸性便秘」

結腸から降りてきた便が直腸に溜まってしまっている便秘。直腸の異常によって起こるもの。大便が直腸に移動し直腸の内圧が高まると、その刺激が骨盤神経を通じて中枢に伝えられ便意が起こる。しかし便意があっても我慢する習慣があったり、排便を長期間下剤に頼ってしまう方では、直腸の排便反射を抑制させてしまう。これが直腸型便秘の原因の大半である。その他骨盤底筋の筋力不足や血流障害によっても発生することがある。直腸は結腸よりも太いため、溜まる便も太くなりやすく、水分の再吸収によって便が硬くなりやすくなる。便意がない上、排便しようとしてもなかなか出ない。

「痙攣性便秘」

大便を作り通過させる大腸の活動が乱れて、便がスムーズに通過できないために起こる便秘。大腸の平滑筋が痙攣をおこすために便の通過が乱れる。排便時の腹痛・便が細くスッキリ出ない・残便感が強い・腹が張って苦しいなどの症状が起こる。ストレスによる緊張など、自律神経の乱れによって発生しやすく、過敏性腸症候群の部分症状として現れることが多い。

「弛緩性便秘」

結腸の活動が弱くなり、大便の通過に時間がかかるために便が硬くなって便秘するもの。大腸の蠕動運動(大便を下にもっていく力)が低下している状態で、筋肉に緊張感が乏しく、弛緩の傾向があり、胃下垂などの内臓下垂を伴っている場合もある。一般的に直腸型と弛緩型は軽症の間は特に苦しむような症状が出ないことが多い。時に一週間便が出なくても平気だという方がいるが、多くはどちらかのタイプに属している。

便秘には「筋肉(インナーマッスル)」と「自律神経」が密接に関係している

便秘の人を施術していると、便秘の人に共通して言えること、便秘の人の傾向があることに気づきます。

まず「筋力が弱い」こと。

これはとくに女性で多いのですが、日頃から運動する習慣がなく、運動不足からくる筋力低下ともいえると思います。

インナーマッスルの簡単な徒手検査を行ってみても、ほぼ100%の人がうまく筋出力できない(インナーマッスルが働かない)です。

本来、骨盤底筋群や胴回りのインナーマッスルが収縮&弛緩を繰り返すことで、大腸を物理的に刺激して蠕動運動の働きを手助けしています。

しかしインナーマッスルが弱いとこの働きが得られにくくなるため、便秘につながってしまいます。

JOYトレでインナーマッスルを強化して便秘を解消する

くぼた整骨院で導入しているJOYトレ。

JOYトレとは、特殊な波形の高周波EMS電気を胴回りに装着して30分横になっているだけでインナーマッスルを効果的に鍛えることができるプログラムです。

JOYトレは腰痛や肩こりの予防・改善や、姿勢改善などに非常に効果的なのですが、便秘解消にもすごくいいんです。

今まで何やっても便秘の解消につながらず、ずっと薬に頼っていたという60代女性の患者様なのですが、JOYトレ始めてからほぼ毎日お通じがくるようになり、「JOYトレで自分の中に革命が起きた!!」と大変喜んでいらっしゃいました。

ほかの患者様でもJOYトレを始めてから便秘が解消されたというお話を聞くことが非常に多く、やはりインナーマッスルが健康維持のためにいかに重要かということをあらためて実感します。

水素吸引で副交感神経を高めて便秘を解消する

自律神経が乱れると、とくに交感神経が優位な状態が続くと内臓への血流量も少なくなり、内臓の働きが悪くなります。

忙しすぎる人やストレスを感じやすい人などは常に交感神経が優位になりやすい傾向があり、それが便秘につながってしまうこともあります。

水素には副交感神経を高めてくれる働きがあるため、内臓への血流量がupすることで内臓の働きが促進されます。

また水素は各細胞のエネルギーの素(もと)になり、大量の水素を身体に取り入れることで身体のあらゆる細胞が活性化されるため、各臓器本来の働きも高まります。

 

当院のハイスペック水素酸素ガス発生装置『LHG』。

半年くらいに一度、内部の純正水を交換する作業があるのですが、前回メンテナンスに出してからちょうど約半年ほど経過したので先ほど交換しました。

まず内部の水を全部抜きます。

この水、強アルカリ性になっており、このままでは捨てられないため、中和剤で中性にしてから廃棄します。

で、新しい交換水を半分入れて内部を洗浄し、

約5リットルの交換水を全部補充して完了です。

ちなみに僕は毎日3〜4回くらい💩します。

僕自身これまで便秘になったことはないのですが、たまに忙しかったりでう◯ちするタイミングを逃してしまうと、たった1回しなかっただけでおなかが気持ち悪くていられないので、便秘で数日出ないなんて相当お辛いのだろうなと思います。

つらい便秘でお悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談くださいませ。

山梨県甲府市の整骨・整体 くぼた整骨院