055-234-5455

『水素吸引で五月病をやっつける』

ゴールデンウィーク後は五月病に要注意

長い長いゴールデンウィークも終わり、学校も仕事もようやく通常モードになりましたね。

くぼた整骨院にいらっしゃっている患者さんたちに色々とお話を聞いてみても、10連休だったという方もけっこう多かったです。

で、ゴールデンウィークが終わったこの時期、体調を崩す人がかなり多くなる印象です。

いわゆる「五月病」ですかね。

寝違え、ぎっくり腰をはじめ、やる気が出ない、なんだか憂鬱だ、疲労感がハンパないetc…、心身ともに人によってさまざまな症状を訴えていらっしゃいます。

五月病=自律神経失調症

それではなぜこの時期に上記のような心身の不調・痛みなどが出やすくなるのでしょうか?

4月は進級、進学、就職、配置換えなどなど環境がガラッと変わる方も多くいらっしゃると思います。

この環境の変化って、実は身体にとってかなり負担となっているんです。

環境が変わったばかりの4月は、気も張っているし、ゴールデンウィークに入るまでの 約1カ月で徐々にその環境の変化にも身体が順応してくるため、痛みや不調は起きづらいです。

そしてようやく慣れてきたという頃にゴールデンウィーク突入です。

とくに今年のゴールデンウィークは長い人で10連休😱もあり、休み中に遊びに出かけたり怠惰な生活を送ることでせっかく環境の変化に慣れてきたのにここで一旦リセットされてしまいます。

そして、いよいよゴールデンウィークが終わるという時に、今度は休み中の疲れがとれないまま学校や仕事が再開します。

環境の変化って動物にとってはかなりのストレスなんです。

具体的には僕たちの身体は自律神経系ががんばってくれるおかげで環境の変化=ストレスに対応できるようになっています。

4月の環境の変化に対応しようとして自律神経系はかなりがんばります。

ようやく順応しつつあるという時に、長い休みに突入します。

今回のゴールデンウィークのように休みが長くなると、普段とは確実に生活習慣も変わってくると思います。

これも環境の変化です。

そして休みが終わり、いざ学校・仕事という時に休み中の疲れがとれないまま再開することになると、活動モードと休息モードをつかさどっている自律神経系にまたさらに過度な負担がかかることで、自律神経系も疲労困憊となってしまい、自律神経失調症=あらゆる不調となって現れてしまうのです。

五月病にも水素吸引

実は自律神経系の不調にも水素がいいんです。

自律神経は私たちの身体が正常に保たれるように調整してくれているのですが、その際にはたくさんの酸素を取り込んでエネルギーを産生&消費する過程で、かならず多くの活性酸素が発生します。

活性酸素は私たちの身体の細胞や組織、DNAまでも破壊して様々な不調や病気の原因となる物質であり、また近年になって疲労物質であることもわかってきました。

自律神経の細胞たちが働いてくれたあとの副産物であるこの活性酸素が大量に増えることによって、全身の不調へとつながってしまうということも考えられます。

自律神経とは、また活動する時に優位になる神経=交感神経とリラックス時や休息時に優位になる神経=副交感神経のことで、このバランスが悪くなることで自律神経失調症になり、あらゆる不調へとつながってしまうのです。

水素は自律神経を交感神経優位➡︎副交感神経優位にしてくれる性質があり、リラックス効果が得られやすくなることで、交感神経と副交感神経のオンオフの切り替えもスムーズに行うことができるようになるため、水素吸引によって水素を身体に取り入れることはまさに自律神経の不調である五月病に対してもってこいの対策法と言えます。

水素吸引は安心・安全に活性酸素のみを除去します

水素は吸いすぎなどによる副作用等心配は一切ありません。

活性酸素が原因で起こる病気や不調は約9割を占めると言われています。

水素はこの病気や不調の根源である活性酸素だけに選択的に反応・結合することで水となり、体外へ排出することで活性酸素を無害化することができるのです。

くぼた整骨院の水素吸引装置=LHGは、子供からご年配の方まで、あるいは病気療養中でお薬を服用されている方でも、どなたでも安心してご利用いただけます。

ゴールデンウィーク後のこの時期に✅疲れがとれない✅気分が落ち込む✅体調が優れない等々でお悩みの方は、一度ぜひ当院の水素吸引をお試しいただき、つらい五月病対策にお役立ていただければ幸いです。