055-234-5455

『水素吸引で自律神経を整える』

季節の変わり目は体調不良になりやすい

よく季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、なかでもとくに春にかけて体調不良や身体の痛み等でお困りの方が非常に多い感じがします。

よく「寒の戻り」「三寒四温」などというように、この時期は暖かくなってまた気温が下がってというのを繰り返しながら暖かくなっていきます。

ここ甲府でも、最近では朝晩と日中の温度差が20℃近くあるなんてことも珍しくないです。

ぼくたちの身体は自律神経によって環境の変化に順応できるように作られています。

そのため、気温差が大きい時などは自律神経系も身体をその環境に順応させようと、かなりがんばります。

自律神経ががんばりすぎると、身体を動かして疲れるのと同じように自律神経も疲れてしまいます。

本来自律神経は身体を正常に保つ役割をしてくれているため、自律神経が疲れすぎるとその役割を果たすことが困難になり、あらゆる不調に陥る危険性があるのです。

気圧の変動も痛み・不調の原因に

私たちの身体は天気の変化=気圧の変化によってもかなり影響を受けます。

春はとくにこの気圧の変動が大きく、高気圧から低気圧、また高気圧というように乱高下しやすく、これもまた自律神経ががんばりすぎる一因となり、身体の不調にもつながってしまう可能性があります。

自律神経の不調はあらゆる不調につながる

気圧の変化や気温差などの影響をもろに受ける自律神経ですが、この自律神経系が疲れすぎてうまく働けなくなると、身体のあらゆる不調につながる危険性があるため要注意です。

頭痛、めまい、耳鳴り、便秘、下痢、倦怠感、易疲労感etc….人によっては過呼吸やパニック、うつ状態にまで発展してしまうことがあるため、自律神経系の不調は非常に厄介なのです。

自律神経にも水素がいい

身体を正常に保とうと自律神経が働く際、たくさんの酸素を取り込んでエネルギーを産生&消費する過程で、かなりの活性酸素が発生します。

活性酸素は疲労物質でもあり、また私たちの身体の細胞や組織、DNAまでも破壊して様々な不調や病気の原因となる物質なので、自律神経の細胞たちが働いてくれたあとの副産物であるこの活性酸素が大量に増えることによって、全身の不調へとつながってしまうということも考えられます。

また自律神経の不調は、交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれなくなることでも起こります。

水素は自律神経を交感神経優位から副交感神経優位に持っていきやすくする性質があり、リラックス効果が得られやすくなることで、交感神経と副交感神経のオンオフの切り替えもスムーズになると言われています。

水素は安全に活性酸素のみを除去できる

水素は副作用等の心配は一切なく、安全に様々な病気や不調の原因となる活性酸素のみと選択的に結合し、水とすることで活性酸素を無害化することができます。

また当院で導入している水素吸引は、子供からご年配の方まで、あるいは病気療養中でお薬を服用されている方でも、どなたでも安心してご利用いただけますので、季節の変わり目のこの時期に、お身体の痛みや不調でお困りの方は一度ぜひ水素吸引をしていただくことをお勧めします。

☑️健康増進☑️免疫力強化☑️治癒力の向上☑️アンチエイジングに、当院の「水素吸引」をぜひお役立てください。