055-234-5455

『交通事故によるバレーリュー症候群(自律神経症状)』

交通事故後に発現するバレーリュー症候群

バレーリュー症候群とは、交通事故やスポーツ時における接触などによって受けた首への外傷(むちうち)をきっかけに発症する自律神経症状を指します。

この「バレーリュー症候群」という病名は、1920年代にフランス人医師のバレ(Barre)氏とリュー(Lieou)氏が報告したことに由来します。

また、バレーリュー症候群は「外傷性頚部症候群」、「後部頚交感神経症候群」と呼ばれることもあります。

バレーリュー症候群の原因

バレーリュー症候群が発症する主な原因は、前述したとおり交通事故やスポーツ時の接触などによる首の外傷が挙げられますが、このバレーリュー症候群の症状は受傷直後ではなく、受傷から数週間後に現れることが多いため、もしも交通事故にあってしまった場合に最初は無症状であっても数週間のあいだは注意が必要です。

前述の通り、バレーリュー症候群の症状を引き起こしている原因は、交通事故やスポーツ時の外傷をきっかけとした自律神経の不調・乱れと考えられており、自律神経のなかでもとくに興奮性の自律神経である交感神経のはたらきが過剰になっているためと考えられています。

しかし骨折や脱臼等であればレントゲンやMRIなどの検査機器で確認できますが、「自律神経の不調」は他覚所見がないために客観的な把握が難しく、それゆえに交通事故とバレーリュー症候群の因果関係の立証が困難であるため、後遺障害の認定を巡って問題となることがあります。

バレーリュー症候群の症状

バレーリュー症候群の症状は非常に幅広く存在します。

バレーリュー症候群の症状は….

頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、難聴、倦怠感、脱力感、動悸、息切れ、易疲労感(疲れやすい)、吐き気、不眠、情緒不安定、うつ etc….

上記のようにバレーリュー症候群は外傷を受けた部分ではなく、全身にわたって様々な症状が現れるという特徴があるため、非常に厄介な症状でもあります。

交通事故後は痛みやしびれだけではなく、こうした「バレーリュー症候群=自律神経症状」も改善しないと完全な回復とは言えません。

くぼた整骨院の交通事故後のケア

くぼた整骨院では、不調の原因を見極めたうえで、おひとりおひとりに最適なケアをご提案し、痛みやしびれはもちろん、こうしたバレーリュー症候群(自律神経症状)からの早期脱却を目指します。

くぼた整骨院ではマニュアル通りの施術は行いません。

身体のゆがみが強い人であれば、骨盤や脊椎の矯正を行ったり、また神経症状が出ている方には特別な電療法を組み合わせて施術を行ったりと、誰1人として同じケアは行いません。

患者様のお悩みをしっかりとお聞きし、現在の状態を確認しながら症状の現れ方、段階に応じたケアを行い、患者様と二人三脚で痛みや不調からの早期解放を目指していきます。

交通事故後の痛みや不調でお困りの方は一度ぜひくぼた整骨院にご相談ください。

また、もうすでに当院以外の接骨院や、病院単独で治療を受けている方であっても、まずはお気軽にご相談ください。

「勇気を出してもっと早く転院してくればよかった」

先日、他院で交通事故後の治療をしばらくやってから当院に転院してこられた患者様に言われた一言です。

やはり誰でもまた新たに病院や整骨院等をかえるってめんどうくさいしけっこう勇気もいることですよね。

ですが、何よりも大切なことは身体が楽になること、また元気を取り戻すことです。

交通事故後の痛みや不調がなかなか良くならなくてお悩みの方は、まずは勇気を出して一歩を踏み出してみてください。

その一歩があなたの未来を変える一歩となるはずです。

くぼた整骨院を選んで来てくださったみなさまに元気になってほしい。

それがくぼた整骨院の願いです。