055-234-5455

『危険なのはウイルスではなく、ウイルスワクチン?~学びラウンジ2020/9/10~』

今回の騒動において、危険なウイルスが市中に蔓延しているというイメージが作られています。

マスコミでは、連日このウイルスに関連するニュースが流され、市中ではマスク姿、三密を避ける、ビニールパーティションの光景が当たり前になっています。

しかし、本当に危険なウイルスが、そこらへんに飛び交っているのでしょうか。

しかし、危険なウイルスが、どのくらい生活環境中にいるのかについては誰も計測していません。

飛沫中のウイルスも、だれも実際に計測していません。

それにも拘わらず、多くの人がマスクをしているのは、危険なウイルスから身を守るという保身的な行動かも知れません。

PCR陽性に反応しているのは、危険なウイルスであるという証明もされていません。

マスコミの煽り報道による社会の同調的な圧力が、危険な社会を演出させているようです。

しかし、現在開発中の遺伝子組み換えワクチンの方は、ウイルスそのものよりも、危険性が高いと考えられます。

遺伝子を組み替えた、いわば生きたウイルスを筋肉内に直接入れて、この組み換えウイルスを筋肉細胞内で増殖させようというわけです。

一般に気道感染症のウイルスは、上皮細胞という体の表面を覆っている細胞に入り込もうとします。

しかし、通常は粘膜免疫により、その侵入を阻止しています。

遺伝子組み換えワクチンの方は、この生体防御バリアを突き破って、筋肉内にウイルスを直接入れるわけですから、私たちの免疫系もおそらく混乱するでしょう。

しかも、自然界には存在しない遺伝子組み換えウイルスです。

どの程度増殖して、どのくらいの期間体内で増殖するのか、あるいは体内のどこに移動するのかなど、やってみないとわからないことがたくさんあります。

まさに壮大なモルモット計画です。

自然界にいるウイルスなら、その性質は予測することが出来ます。

今まで共存関係にあったウイルスなら、特に問題視する必要もありません。

このように、問題があるのかもわからないウイルスがいることを問題にして、遺伝子組み換えウイルスを国民全員に接種させるのは、大変に危険なことではないでしょうか。

 

学びラウンジ(徳島大学名誉教授 大橋眞)2020/9/10「危険なのはウイルスではなく、ウイルスワクチン?」より