055-234-5455

『二日酔いの予防・回復にも水素がいい』

水素で二日酔いを予防・回復

みなさんお酒飲みますか?

今は忘年会シーズンなので、ついつい飲みすぎてしまって翌日に頭痛がひどい、気持ち悪い、身体がだる重いといった、いわゆる二日酔いに悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。

実はこのつらい二日酔いの予防・回復にも、水素がいいんです。

二日酔いのメカニズム

そもそも二日酔いはなぜ起きるのでしょうか。

実は二日酔いにも活性酸素が影響をしているのです。

お酒を飲むと、胃と小腸でアルコールを吸収し、肝臓でアルコールを分解します。

肝臓では酵素などの働きによって、アルコールはアセトアルデヒドという物質に分解されるのですが、このアセトアルデヒドという物質は身体にとって有害な物質なので、さらに無害な酢酸に分解します。

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸と分解されたのち、無害である酢酸は血液によって全身に運ばれ、筋肉や細胞間で水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。

二日酔いは、お酒をたくさん飲みすぎることで肝臓でのアルコール分解が追いつかなくなり、体内に有害なアセトアルデヒドが残ってしまっている状態です。

二日酔いで生じる吐き気や頭痛、身体のだるさなどは、毒性の強いアセトアルデヒドが原因とされています。

水素がもたらす二日酔い防止効果

アルコールを摂取すると、アルコールを分解する過程で大量の酸素が必要になります。

すると、分解する過程で使われた酸素の「燃えかす」とも言える大量の活性酸素が発生してしまいます。

またアセトアルデヒドの有毒性に反応しても活性酸素が発生します。

水素は体内で発生した悪玉活性酸素!と素早く結合し、無毒化してくれる作用があります。

したがって、水素はミトコンドリア内に発生した大量の活性酸素を除去するとともに、有毒なアセトアルデヒドに反応することによって発生した活性酸素も除去することで、肝臓のアルコール分解の効率を向上させ、また肝臓以外の体内の活性酸素も取り除くため、身体の疲れも軽減する疲労回復効果も期待できます。

くぼた整骨院の「水素吸引」&水素水」で二日酔い対策を

二日酔いになってしまったら、上記のように水素を身体に取り込むことで二日酔いからくる頭痛や吐き気、身体のだるさ等の早期回復が期待できます。

また、アルコールを飲む前に水素を吸引したり、水素水を飲んで体内に水素を取り込んでおき、活性酸素を除去しやすい環境を作っておくことで二日酔いの予防につながります。

あるいは焼酎やウイスキーなどの水割りに水素水を使うことでも、悪酔いや二日酔いの防止に役立ちます。

早いものでもう12月も半ばを過ぎ、いよいよ今年も残すところあとわずかになりました。

ですがまだまだ忘年会やクリスマスといったイベントごとも多く、また年末年始にかけてもなにかとお酒を飲む機会も多いのではないでしょうか。

患者さんとお話ししていても、全部で忘年会8つくらいあるかな~なんてことをおっしゃっていた方もいたりします 😱

実は僕はお酒がほとんど、というかまったくに近いくらい飲めないので、そんなに忘年会が続いたらと思うとぞっとします。

20代の頃は、「飲み続けて鍛えれば飲めるようになるんだ!」と信じて、がんばって飲んでいた時期もあったのですが、飲み会のたびにトイレでリバースするということを繰り返し、「もうお酒飲めなくてもいいや」と思い、途中であきらめました。

なので今は二日酔いとは無縁ですが、忘年会や年末年始に飲みすぎて二日酔いがつらい、または二日酔いを防ぎたいというみなさま、当院の水素吸引&水素水を二日酔い対策にぜひご活用くださいませ。

参照 : 水素水に関する総合情報サイト

山梨県甲府市の整骨・整体 くぼた整骨院